歡迎流覽香港柔術BLOG,本館設立於香港九龍大角咀,專門教授巴西柔術(BJJ)及地面格鬥技,柔道,Grappling,MMA。不論你是運動選手,想加強地戰技巧,或者初次接觸武術,想體驗這種運動的樂趣,一樣歡迎之至! 香港柔術是一間有全職巴西柔術黑帶三段(亜洲公開賽 冠軍、Master世界柔術錦標賽季軍)代表的道場。道場由週一至週六均有練習時段,場內練習用地占110平方米。香港柔術是IBJJF(國際巴西柔術連盟)認可的學院。


香港・九龍の大角咀にある格闘技ジム、「香港柔術」のBLOGです。「香港柔術」ではブラジリアン柔術(BJJ)、柔道、グラップリング、MMA(総合格闘技)を本格的に学ぶ事が出来る格闘技ジムです。また選手を目指す人だけでなく、運動経験のない方やダイエット目的の方まで、初心者でも安心して対応できる多彩なクラススケジュールをご用意しておりますので、格闘技に興味がある人ならどなたでも見学、入会大歓迎です!アジア選手権王者、世界選手権3位の黒帯三段選手が代表を務めており、IBJJF(国際ブラジリアン柔術連盟)公認ジムです。ぜひ一度、御体験下さい。


This is the BLOG for the Martial Arts gym in Tai Kok Tsui, Kowloon, Hong Kong, where you can learn " Brazilian Jiu-Jitsu,Judo,Grappling,MMA from the professionals. For someone whose goal is to become a professional fighter, or just to go on a diet and shape up, we offer a variety of class schedules that will certainly meet your request. Feel free to drop by and see for yourself. HONG KONG JIU-JITSU is the Brazilian Jiu-Jitsu Academy in HongKong that has a Black belt 3rd degree instructor(Masters World Championship 3rd place, Asian Open Champion in Black Belt). It also has near 110㎡ of Training mat space and is open daily.HONG KONG JIU-JITSU is an official academy of IBJJF(International Brazilian Jiu-Jitsu Federation).

21 Jun 2011

2011UJA CUP報告/2011UJA CUP Report

大分遅くなってしまいましたが、先日やっとこさUJA CUPのレポートが出来たので、
ブルテリアさんのブルテリアブログに載せて頂きました。
ありがとうございます。

「香港柔術ライフスタイル6  2011 UNITED JIU-JITSU OF ASIA CUP」 前編
http://bjj.livedoor.biz/?blog_id=1652995
「香港柔術ライフスタイル6  2011 UNITED JIU-JITSU OF ASIA CUP」後編http://bjj.livedoor.biz/archives/65571218.html





しばらく経ちましたので、こちらのブログにもそのレポートを載せたいと思います。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

香港柔術ライフスタイル6
香港柔術初主催による柔術トーナメントを2011年4月24日に、香港の九龍公園体育館に
て、開催しました。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
参加者は約110名。アブソの人数を含めた人数では、延べ約170人の大会となりました。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

物販も出ました。売上の一部は東北大地震の義援金として寄付させて頂く予定です。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
セルジオ・ブラガ。アメリカでの指導生活が長かった彼も,僕と同じ時期に香港に来てるので、もう3年間滞在していますね。
現在は、セントラルという一等地で、チームGripsというジムのインストラクターをしています。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

柔道元全日本強化選手の安達春樹さんと鍛冶宏美さんです。
現在は、香港の柔道ナショナルチームでコーチをされています。
お二人はうちの生徒の鈴木さんの紹介により、香港柔術に練習にきて頂くようになりました。
そして、本当に真摯に取り組んで頂いています。
その縁で、先月は自分とブラッドと生徒を連れて、ナショナルチームに練習に行かせて頂きました。

今回新しいことにチャレンジしたいとのことで、香港柔術所属として、
柔術トーナメントに参戦して頂きました。
ある分野で既に多大な実績(全日本学生選手権優勝、講道館杯準優勝など。)をのこしている方が、他競技に参戦して頂くのは本当に勇気がいることだと思いますし、素晴らしいことだと思います。
お二人には、現在は公私共にお世話になっております。
ありがとうございます。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
生徒のHKJJツインタワー(ショーンとウィルフレッド)withフィルです。
朝から試合終了までスタッフとして大会をサポートしてくれました。
感謝です。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

さて、ぼちぼち参加者が集まってきたので、受付と大会Tシャツの配布の開始です。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

彼らはトーマス・ファン率いるKylin BJJ(Triquest)の面々です。
彼らももうベテランの域に入っていますね。
香港というかアジアの柔術家達は、数年やっていれば、大体皆知り合いになりますね。笑
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
どうですか、この強烈なインパクト!
彼は九龍柔術のヨコヅナです。
必ずエドモント本田の物まねをしてくるいかした男です。
本名は忘れました。笑


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

御存知、香港BJJ界の御意見番、九龍柔術の北さんです。
今大会でも朝から大会をサポートしてくれました。ありがとうございます。
北さんは、あのレア柔術着samulime(サムライム)の製作者でもあります。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

台湾BJJの小笠原誠さんです。今大会ではレフェリーで裁きまくって頂きました。
実は、腰と肩を怪我していたのですが、ぎりぎりまで出場を考えてくれました。
目が開いていないのは、前日から飲み続けて一睡もせずに
そのまま会場入りしたためでしょうか。笑
しかし、そんなタフな条件の中フルでレフェリーをしてくれました。ありがとうございます。
台湾BJJより今回沢山の出場をしていただきました。7月に行われる台湾トーナメントには、
HKJJ一同参加させて頂く予定です。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
マットがひかれた会場の様子。
今回は2面で当初行っていたのですが、予想してたよりも試合進行がゆったり目だったため、
急遽3面に増やして進行しました。
参加者、観戦者の皆さん、そしてスタッフの方達には、本当に申し訳ないです。
ぜひ次回はこのようなことがないようにしたいですね。
一つだけ言い訳しますと狭い会場しかなかなか取れないため、3面で行うと本当にきつきつに
なってしまうので、苦渋の策でした。
しかし、結局3面にしないと回らなかったので、駄目駄目ですね。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
スタッフミーテイングが始まりました。
ほとんどの方が大会スタッフとして働くは初めての経験です。
その中で皆さん本当によく動いてくれました。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
香港柔術のインストラクター、ブラッド・クー。
ブラッドも朝から終了まで試合を裁きまくってくれました。
そして、彼とは半年以上前から一緒に準備を重ねてきました。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

アブダビ・プロ柔術の中国代表の上海のアラバンカ所属のミャオジエ選手です。
実は、いろんなところで探したんですが、女性選手の試合の写真がほとんどないのですよ。。。
すいません。
彼女はアブダビの翌週なのに参戦してくれました。ありがとうございます。
実は女性選手は白帯と青帯~茶帯というざっくりとした2カテゴリーで今回行いました。
彼女は階級別のレーヴイー級では九龍柔術の茶帯のチェルシー選手とのワンマッチを制し、
無差別でも決勝は、プルーマ級優勝の鍛冶選手から勝利し、2階級制覇でした。
(ちなみに、ミャオジエ選手と鍛冶選手は青帯。)
階級別の試合の際、僕が裁いたのですが、非常に動きが早く力強いですね。
ますます今後の活躍が期待されます。日本のトップ選手とやっても遜色ないかと思われます。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

ホドリゴ・カポラルと彼女のタミーです。
ホドリゴもアブダビから続けて連戦です。
今年から始まったアブダビプロ柔術No-Giの部で見事世界王者に輝いた男がUJA CUP参戦です。
ちなみに、ホドリゴは前回まではクイントンのVersusというジムでインストラクターをしていましたが、
今回の香港滞在はセルジオのGripsで半年ほどの滞在予定でインストラクターするとのこと。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
ウォーミングUPエリアでくつろぐ選手の皆さん。
後ほどここも試合場になることに。。。。涙

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

こちらは試合前日にHKJJに来てくれたノーマン・ゴー率いるフィリピンのセブ島からのチーム。
フィリピンの柔術家全般にいえるのですが、非常にテクニカルで力強さもありましたね。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

ミャオジエの引率で来たフェイフェイさん。
WJAJCとアラバンカのスタッフでもあります。
上海に行った際には、いつもお世話になっております。ありがとうございます。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

先日、満を持して、黒帯昇格された九龍柔術の瀧澤さん。
おめでとうございます。
現在、香港最強はホドリゴかと思いますが、それに待ったをかけられるのは、
おそらく瀧澤さんでしょう。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
UJA CUPでは、茶帯と黒帯は混合して一つのトーナメントが組まれました。
その最初の試合は、茶黒帯ぺナ級です。
福住柔術の高山選手とアトスのドウジーニョの弟であるハーバート・バーンズの一戦です。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
まず引き込んだバーンズ選手は下から回転系の潜りで高山選手のバックを狙います。
高山選手も抜群のバランスで耐えますが、ついにスィープを決められます。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

そこからは、たんたんとスイープ、パスを重ねて行きます。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
最終的には大量ポイント差で、バーンズ選手が茶黒帯ぺナ級を制しました。
ちなみにバーンズは現在シンガポールのジムでインストラクターをしています。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

続いては、茶黒帯メジオ級です。この階級は3人の巴戦となりました。
まず初戦は、ホドリゴと台湾BJJのインストラクターのクリス選手です。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
強烈なパスガードを仕掛けまくるホドリゴ。
クリス選手も何とか逃げようとしましたが、最後は締めを決められてしまいます。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
ホドリゴが初戦突破で決勝戦へ。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
逆ブロックは、クイントンがクリス選手をポイントで下し、決勝に上がってきました。
優勝はシェアするのかな、と思っていたら、ホドリゴ曰く練習になるから試合するとのこと。

そして、始まった決勝戦。
お互い手の打ちを知っている上に、少し前まで生徒と先生の関係だった両者のため、
やはりクイントンに分が悪い展開で進む。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

ホドリゴはかなりリラックスした感じで、試合をコントロール。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
最後は、タップを奪い、ホドリゴが茶黒メジオ級優勝です。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

そして、茶黒無差別級の試合です。現在Versusでインストラクターをしているグレイシーウマイタの
黒帯ディーニョと高山選手が一回戦で対戦です。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

ディーニョは、約100Kgの体格を持ちますが、確かなテクニックを持つ黒帯です。
高山選手も奮闘しますが、パスを決められてしまいます。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

最後まで試合をディーニョがコントロールしポイント勝ちでした。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

茶黒帯無差別の逆ブロックでは、クイントンとハーバート・バーンズの一戦。
バーンズの強烈なテイクダウンが決まる。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
高山選手との試合では、ゆったりと動く選手だと思いましたが、
エンジンが掛ったのか、この試合では凄まじい勢いで、クイントンを追い込んで
行きます。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

絞めを狙われながら、何とかエスケープしようとするクイントン。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

しかし、その動きに合わせて、三角絞めを決められてしまい、万事休す。



送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

バーンズが準決勝に駒を進めます。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

準決勝は、ホドリゴとディーニョによる今大会注目の一戦です。
まずディーニョは、得意のクローズ・ガードに引き込みます。
しばらくこの攻防が続きます。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
そこから立ちの展開になった際に、ホドリゴが逆に引き込み、足を抱えてスイープを
決め、先取点を得ます。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
そこからまた達の展開になり、ディーニョがまたしてもクローズに引き込みます。
しかし、ガードを割ったホドリゴはそこから得意の担ぎパスを決めて5-0とポイントを重ねます。
ホドリゴは2年弱くらい前から知っていますが、戦略的にも強くなっていますね。
ますます穴のない手強い選手になっています。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

しかし、ディーニョも意地を見せます。サイドからエスケープし、スィープを決め、ホドリゴのクローズガードに対し、突っ込み絞めでプレッシャーを掛けていきます。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

しかし、終盤にまたしてもホドリゴがパスがードを決めポイントを8-2とします。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
手に汗握る攻防を制したのは、アブダビプロNO-GI王者のホドリゴでした。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

もう一方の準決勝は、台湾BJJのクリスとハーバードの対戦です。
ハーバードはノンストップでプレッシャーを掛けまくります。
必死で戻すクリスは、足間を狙っていきます

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
しかし、ハーバードの勢いは凄まじく絞めでタップアウト。
今後が楽しみな選手ですね。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

決勝戦は行われずシェアされました。優勝と2位はATOS柔術の1,2フィニッシュとなりました。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
ちなみに一部で話題になったのが、この大会ポスターやバーナーのデザインです。
三国志が柔術着を着て腕十字という画は、かつてなかったんじゃないでしょうか。笑

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

ご覧のように、会場は満員御礼でした。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

安達さんは今回、青帯スペルぺサード級と無差別級で出場しました。
安定した試合運びで、失ったポイントは全試合においてなし!!
階級別、無差別級合わせて7試合を全て一本勝ちで優勝しました。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

安達さんは、試合の翌日の合同スパーリングにも来て下さいました。
「柔術は面白いですね。」と、言って下さって今後も継続する意向です。
もしかしたら、日本や他の国での試合もいつか見れるかもしれません。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
青帯レーヴィ級は、Versus所属のペレが優勝。まだ十代なので、ますます強くなっていくでしょう。
ちなみに、僕は彼が入門した、その日から知っています。
当初は、線も細く、いつも5秒くらいでタップしていたのですが、月日は流れています。
そして彼のように強くなってくれて、とても嬉しいですね。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
彼は白帯ガロ級3位のシンガポールのハロルドです。
つい先日始まったJuggemaut Fight Clubでは、運営に関わっているそうです。
シンガポールは、今、かなりの数のMMAジム、柔術ジムができていますね。
しかも、中にはEvolve MMAジムのようなマンモスジムが、インストラクターとして有名黒帯選手や総合選手を海外から呼んだりしています。
まだシンガポール自体から強豪選手が出てきていませんが、数年後には確実にフィリピンやタイのように東南アジアの強豪になるのではないでしょうか。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
白帯ぺナ級はうちの生徒さんの橋谷田さんが制しました。
橋谷田さんは、今年40歳になりますが、自分より一回り、またはそれ以上に若い
選手達を圧倒されていました。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

しかも、全試合(4試合)を一本勝ちで決めて、見事に優勝です。
おめでとうございます。本当に嬉しいですね。
これが僕の思う柔術の醍醐味の一つだと思います。
たとえ、年を重ねてから始められても、または相手が20代のばりばりでも、
同じルールの下、戦えて、しかも勝つ事が出来るのです。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
橋谷田さんは、平日は香港から2時間程掛る中国の東巖に、単身赴任して働かれているのですが、忙しい中、香港柔術に通ってきて下さっています。
また、やはり月に2~3回、同じ東巖在住の生徒さんと2人で、プライベートグループレッスンとして、
自分を呼んで頂いて、柔術に励んでいます。
本当に柔術愛を感じますし、それがこの日の結果に繋がったと思いますね。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1
橋谷田さんは、奥さんと息子さんも会場に連れてきて下さっていました。
最高じゃないですか。お父さんは強いんです。
こういう休日の過ごし方もありなんではないでしょうか。
橋谷田さん自身にも、「本当に良い一日でした。柔術は最高です。」
と、言って下さったのが、またたまらなかったですね。
ありがとうございます。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
白帯ガロ級の王者は、九龍柔術の錦織選手。
錦織選手は、香港の日本料理屋の板前さんでもあります。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

休みが週一回なので、その日はもちろん、仕事の休み時間に隙をぬって練習
したりしてるそうです。彼も非常にすばらしいですね。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
紫帯で大活躍したのが、九龍の小島選手。
階級別では準優勝。無差別では優勝を果たします。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
無差別級決勝戦。場外際で気迫の腕十字を決め、階級別決勝で敗れた相手に
リベンジを果たします。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
ちなみに小島選手は、表彰台にて、友人の小笠原さん(ポルトガル語ペラペラです。)
と、カラーリオ!カラーリオ!とお互いにレスポンスしあってて、意味を知ってる周りの人たちを困らせていました。笑
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2

さて、我らが香港柔術のホープ、ライアンは青帯プルーマ級で優勝。
安定性が出てきて、落ち着いてみる事が出来ますね。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
勝利のガッツポーズ!ちなみにライアンは、国際大会を含め、今まで出場した全ての大会で入賞しています。おめでとう。
今後も頼むよ。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

ライアンとお母さん。
ライアンの試合中、お母さんは物凄い勢いで息子のことを応援していました。
素晴らしいことですよ。
柔術を通じての色んなコミュニケーションの形をこの日は見る事が出来ましたね。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
青帯ぺナ級優勝は台湾BJJのロッキー。
彼も若いのですが、非常に試合慣れして、落ち着いて戦っていたのが印象的でしたね。
彼も一時期のラルフ・ゴーのように(最近は会わないですね。)、タイ、日本、上海、香港と試合場でよく会いますね。笑


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
女子白帯ペナ級を制したのは、タミーを破ったマカオBJJのウン・シー・マン。
力強かったですね。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

青帯プルーマ級優勝は、鍛冶選手。
足抜きからの縦四方固めという柔道現役時代からの得意技がさく裂していましたね。
完全に圧倒しての優勝でした。

送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

カメラマンが本職のRayも頑張っていましたね。ぺナ級の体格ながら白帯無差別級で3位入賞
でした。彼は今、すごい燃えていますので、この調子を続けてほしいですね。
送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part2
私的に一番の感動を見せてくれたのが生徒の鈴木さんです。
実は先日もう日本に帰国してしまい、東京で新しい生活を始められています。
彼は約1年半の香港生活を香港柔術と、自分と共に歩んだと言っても過言ではないでしょう。

入会当初は、全く動けず体力もなく、テクニックも正直粗かったですね。
しかし、ある時期から毎日一生懸命練習されていました。
仕事が始まるのが早いため、毎朝5時半起き、そこから18時くらいまで働き、
19時からジムで練習、22時に練習が終わって、僕とご飯を食べに行き、
分かれるのが、24時過ぎくらい。それを毎日ずっと続けて下さいました。
一緒にいろんな国際大会も行きましたね。
特に印象に残っているのが、惜敗した日本のアジア大会の後の夕食時に、
「俺を本気で強くして下さい。お願いします。」と、語ってくれたことですね。
そこからは、鈴木さんには厳しく言うことにしましたので、もしかしたら大変な思いもさせてしまったかもしれません。さらに、基本的に僕とずっと一緒にいたので、僕のテンションについていくのも
大変だったでしょう。笑

送信者
鈴木さんは、階級別は残念ながら初戦敗退(3位入賞)でしたが、無差別では3回勝ち上がり、堂々の3位入賞でした。(負けた相手は、そのまま優勝した安達さんです。)特に記憶に残っているのは、最初に7点くらい先取されてぼこぼこにやられた所から、執念の大逆転をした試合です。
今まで、何度も途中で心が折れて、ひたすら押さえこまれての敗戦を味わってきました。
しかし、魅せてくれましたね。非常に嬉しかったです。今までの苦楽を共にしてきたことが甦って、
たまらない気持ちになりました。本当にありがとうございました。
鈴木さんは、現在、僕の先生の和道さんの新しいジム「clube de jiujitsu」で柔術をしております。


送信者 2011United Jiu-Jitsu of Asia Cup part1

チーム優勝用の日本酒トロフィーです。
懐かしい、と思ったあなたはベテラン柔術家ですね。
2001,2年くらい?まではパラエストラ主催の大会はメダルの代わりに日本酒トロフィーが、贈呈されていたのです。このトロフィーを実は僕はかなり好きなので、今大会のために作製しました。
ちなみに真ん中の優勝のラベルの糊貼りに失敗して、変な跡がついてますが、このあと上にラベルを貼って修正しました。


送信者 2011.05.07.Yohei Last Training & Farewell Party

そして、今大会でチーム優勝をすることができました。
本当にうれしいですね。優勝自体はもちろんなのですが、とてもみんな頑張ってくれて、気迫や楽しんでる気持ちがみれたのが、最高でした。
本当に続けていて、柔術家になって、柔術道場をやっていてよかったです。

ところで、私的なことなのですが、私6月4日に沖縄(妻の故郷)で、結婚式を挙げます。
既に去年入籍しておりましたが、今回そのような運びとなりました。
しかし、日にちが問題なのです。
実は半年以上前に日にちを決めたのですが、皆さんに参加の可否を問い合わせた際に
ある事実に気付いたのです。そうです、世界選手権の日と丸かぶりだったのです。
そのため、いろんな方が参加したいができない、という状態になってしまいました。(笑)
トライフォース青山代表の石川さんには、「荒牧は俺達の事を試しているのか?」という、コメント
まで頂きました。笑
まあ、でも両方とも大切な日なので、これで忘れないですね。
毎年、そろそろムンジアルか~と、思う頃に、あっ、記念日や、嫁さんに何か買う準備せねば。
みたいに、逆においしいですね。

今年も友人、先輩、後輩、沢山の柔術家の方々が、ムンジアルにチャレンジしますね。
そして、それぞれに熱い試合を魅せてくれるはずです。
御武運を沖縄の空の下よりお祈りしたいと思います。

それでは。

試合2日前のオープンマット。オーストラリアから茶帯のベンが来てくれました。

送信者 2011.04.23,25HKJJ Training

試合前日のオープンマット。フィリピンのセブからノーマン・ゴー達が来てくれました。

送信者 2011.04.23,25HKJJ Training

試合翌日の合同スパー大会。小笠原さん、高山さん、ハロルド、孔旭(上海アラバンカのホープ。白帯プルーマ、無差別級優勝。しかもほとんどが一本勝ちです。強いです)、小島さんが来てくれました。

送信者 2011.04.23,25HKJJ Training


香港柔術 荒牧誠 MAKOTO ARAMAKI

■□HKJJ HONGKONG JIU-JITSU BRAZILIAN JIU-JITSU ACADEMY
■□HKJJ 香港柔術 巴西柔術道場 ブラジリアン柔術アカデミー
■□Hongkong Kowloon Tai kok tsui BJJ Academy
■□香港九龍大角咀巴西柔術道場
■□Official Website:
広東語 version http://www.hkjj.com.hk/index_c.html
日本語 version http://www.hkjj.com.hk/index_j.html
English version http://www.hkjj.com.hk/index_e.html
twitter: http://twitter.com/hkbjj
新浪微博(t.sina) : http://t.sina.com.cn/hkbjj
Facebook: HKJJ Group

No comments:

Post a Comment