2018年 畏敬和溫暖的感受 / 2018.Let it flow / 2018年 畏敬と暖かさ


很快今年將過住。
這是一樣去年的最後博客的內容。
我毎年將讓這每最後的博客。

我不是一個公司的僱員,所以通常我無關年末急忙工作。
但我很忙碌,由我開始香港柔術。
接近年終時,我覺得躍動的,從童年到現在。
當然,我知道,什麼都不改變現實的時候當時。

日本人聽取寺的除夜の鐘108次元旦及除夕以來舊時代。
它是為滅世俗的慾望。

幾乎所有的人相信在日本的故事。
我們已經聽取了寺廟的除夕の鐘午夜在家裡,然後去參拜神社為”初詣”(hatsumode)。
室外空氣狀況是如此寒冷的,我們能得好的温暖感覺從神社。
例年這是我家的標準樣式。

通常神社顯示畏敬和畏怖在夜間,但神社顯示溫暖的感覺不同的面孔如在當天。
我不能說任何有關這種感覺,
但我思考喜歡它。
我想中従孩子,希望這個溫暖的仁慈達到全人,
我希望是它流至東西場所,然後,一切順利。

我想中來說仍然同一。

我希望大家有一個享受的好時間明年。


It also will be gone this year soon.
This content is the same as last year's last blog.
I am going to make this one every last blog post of the year.

I am not a company employee ,So normally I had nothing to do with year-end hurried working.
But I am very busy since I had opened Hong Kong Jiu-Jitsu.

From childhood to now, my heart is throbbing with something when the end-year was close.
Of course, I know anything does not change as the reality when that time.

Japanese has been to listened the tolling of temple bells 108 times since old times
on New year's day & New Year's Eve.
It is for renounce worldly desires of 108.
Almost all people trust the story in Japan.
We had listened the temple bells on New Year's Eve midnight at home and then go to the shrine for
"hatsumode".
That was my family's standard style.
The outside air condition was so cold at the time, and could feel the lively from the Shrine.
Normally Shrine is showed awe and fear at the night, but that show the different faces feel the warmth in the day.
I can't say anything about that feeling,
but I have a real soft spot in my heart for that.

I thought in the child that hope this warm to reach for everyone,
and let it flow then everything goes well,
That's still so.
I wish you all have a good time next year.


今年もまもなく終わりですね。
今回の内容は、昨年の最後のブログと同じものです。
年の最後のブログは、毎年これにしております。
(変えるかもしれませんが。笑)

自分は、会社員ではないので普段は年末のばたばたとは、無縁なはずなのですが、
香港柔術ジムを開いてからは、非常に忙しいですね。
子供の頃から、そしてお恥ずかしながら、今でも何故か師走になると無性に胸が高鳴ります。

もちろん年の区切りで現実的に何かが変わるわけではありません。
職業や生活スタイルによっては、年単位で区切りをつけない方もいらっしゃると思います。

古来から続く、大晦日に除夜の鐘が108回撞かれ煩悩を滅する。
その物語を疑う人は、少ないでしょう。

ゆく年くる年で、御寺の除夜の鐘を聞き、その後神社に初詣にいくのが我が家の定番でした。
その時の深夜の外気の凍てつくような寒さと、普段にはない神社のざわめきが感じられ、
いつもは畏敬と畏怖を覚える夜の神社が、暖かさを感じられる違う顔をみせてくれる。
それらが何ともいえず好きでしたね。

この暖かさが、全ての人に届き、全てがうまくいけばいいのに、と子供ながらに思っていました。
それは今も変わらないですね。

来年も皆様が無事に過ごせますように。それでは良い年の瀬をお過ごしください。





港柔術 荒牧誠 MAKOTO ARAMAKI
■□HKJJ HONGKONG JIU-JITSU BRAZILIAN JIU-JITSU ACADEMY
■□HKJJ 香港柔術 巴西柔術道場 ブラジリアン柔術アカデミー
■□Hongkong Kowloon Tai kok tsui BJJ Academy
■□香港九龍大角咀巴西柔術道場
■□Official Website:
中文 version 

日本語 version 
English version 
twitter: http://twitter.com/hkbjj
Facebook: HKJJ Fan Page
Facebook: HKJJ Group

Comments